きちんと離婚をしていなくたって、浮気や不倫に対する慰謝料の請求も可能

きちんと離婚をしていなくたって、浮気や不倫に対する慰謝料の請求も可能ですが、やはり離婚するほうが比べてみると慰謝料の金額が増加するというのは嘘じゃないみたいですね。
悟られてしまうと、それ以降は明確な証拠を得るのが容易ではなくなる。これが不倫調査です。こんな心配もあるので、不倫調査の実績が多い探偵を探し出すことが、何よりも重要に違いないのです。
探偵事務所とか興信所に何かを頼む必要があるのは、人生の中でたった一回きりという方がかなりの割合を占めるはずです。探偵に調査などをお願いしたい場合、まず最初に知りたいのはいくらくらいの料金になるのかということ。
生活費や養育費、そして慰謝料の支払いを求める話し合いの中で、重要な証拠をつかんだり、なんて名前のどんな人が浮気相手なのか?!といった場合の調査や関係人物の素行調査だってあるんです。
何らかの事情で浮気調査などの各種調査を任せたいなんて状況で、PCやスマホで探偵事務所などのページで調査料金を調べようとしても、ほんの一部の例外以外は本当に教えてほしいことまではわかりません。

なんと探偵や興信所の料金などの体系や適用する基準についての一律のルールはないのが現状で、それぞれの会社ごとの料金体系を使っているから、なおのこと難しいものになっています。
何よりも浮気調査や素行調査をする際は、柔軟でスピーディーな行動をすることで好結果につながり、調査の失敗にならないようにするのです。近くにいる大事な方を探るわけですから、優れた調査員による調査が必須と言えます。
浮気や不倫をしていることは隠したままで、唐突に「離婚したい」なんて迫ってきたのであれば、浮気を感づかれた後で離婚が成立すると、相手に対して慰謝料の請求をされる可能性があるので、隠し通そうとしている場合があるのです。
最大限にお待たせせずに請求した金銭の回収を行い、相談を受けた方のやるせない気持ちに一応の整理をつけてあげるのが、不倫問題の被害者サイドの弁護士の肝心な手続きだということなのです。
浮気を妻がしたときは夫が浮気をしてしまったときとはかなり状況が異なるんです。浮気がはっきりした頃には、もはや夫婦としての関わりは回復できない状況となっている夫婦がほとんどであり、復縁せずに離婚にたどり着いてしまう夫婦が非常に多いのです。

夫婦になる前の人からの素行調査依頼も少なくなく、婚約者であるとか見合いの相手が普段どんな生活や言動をしているのかなどといった調査依頼だって、この何年かはよく見かけるものになりました。調査料金は1日分が7万から14万円程度が相場です。
浮気の相手方を対象とした苦痛を味わわされたとして慰謝料の請求に踏み切るケースの割合が高くなってきています。妻が被害者となったケースになると、相手の女性を対象に「慰謝料請求が当たり前」といった雰囲気になっています。
「スマートフォンや携帯電話の中身を調べて浮気の決定的証拠を見つけ出す」っていうのは、よく見かける一般的な手段の一つです。やはり携帯とかスマホは、日常の生活で常に使用しているコミュニケーションの道具なんで、はっきりした証拠がそのまま残ってることもあるんです。
相談内容に応じて、経費に応じた最良の調査プランを作ってもらうことだって問題ありません。調査技術は十分で、料金面でも問題なく調査をお願いでき、確実に浮気の動かぬ証拠を集めることができる探偵事務所にお願いしましょう。
収入額とか不倫・浮気の期間の長さに基づいて、慰謝料の金額も高かったり低かったりするのでは?なんて誤解があるんですが、間違いです。大半のケースで、要求が認められる慰謝料の金額は300万円くらいです。

Back to Top